生ウコン


沖縄本島の北部地域を 山原 と書き 「ヤンバル」 と読みます。 

そのヤンバルにある大宜味村や本部町は、県内でも長寿で有名な地区で、ウコンの名産地でもあります。

当店で販売する根茎は、沖縄美ら海水族館
の地元でもある本部町で無農薬で培された生ウコンです。

収穫再開

【沖縄のうこんの特徴】

本土とは異なる熱帯気候で栽培されますので、根茎は大きく育ち、時には1つの根茎で2kg以上に成長する事もあります。

産地本来の栽培条件が整っていますので、主要成分クルクミンの含有率が高い、安定した品質の根茎が収穫されています。
うこん畑
画像 春ウコン畑



春うこん 生 春うこん根茎
沖縄県本部町産


今期の収穫は終了しました。

今後は不定期で収穫と販売を再開する事がございます。

販売再開の通知を希望される方は下記アドレスまで

  @お名前、A必要量、をご連絡下さい。

販売再開通知希望 ukon@ganju.net

販売日程が決まりましたら折返しご案内致します。
 画像:春うこん 写真の根茎は400g程で、お一人で消費すると約35日分量になります。.






秋うこん 生 秋うこん根茎
沖縄県本部町産


今期の収穫は終了しました。

今後は不定期で収穫と販売を再開する事がございます。

販売再開の通知を希望される方は下記アドレスまで

  @お名前、A必要量、をご連絡下さい。

販売再開通知希望 ukon@ganju.net

販売日程が決まりましたら折返しご案内致します。
 画像:秋うこん 写真の根茎は400g程で、お一人で消費すると約35日分量になります。






紫うこん 生 紫うこん根茎
沖縄県本部町産


紫うこんは収穫が遅い為、
2月後半頃より販売再開の予定です。 

販売再開の通知を希望される方は下記アドレスまで 

 @お名前、A必要量、をご連絡下さい。

販売通知希望 ukon@ganju.net

販売日程が決まりましたら折返しご案内致します。
 画像:紫うこん 写真の根茎は380g程で、お一人で消費すると約30日分量になります。






生ウコン利用方法
1、皮をむき、すりおろします。
2、マグカップほどの碗に湯で解いて、よくかき混ぜてお飲み下さい。
1回量は5g、1日2〜3回を目安に利用下さい。 食前・食後は問いませんが胃の弱い方、疲れている方などは食後のご利用をお勧めします。
 
※個人差で相性が異なります。体質に合わない場合は利用を控えてください。
 
上記以外に、すりおろした状態にする事で料理などにも利用して下さい。
 カレールーに加える、
 炊飯時に米に混ぜる、
 
苦味が強いので、使える料理も限定されますし、慣れるまでは量を調整する必要があるでしょう。
1日の摂取量は5〜15gを目安に利用下さい。

注意
個人でウコン茶を作る際に天日乾燥をされる方もいる様ですが、クルクミンは日光にとても弱い性質なので、乾燥するまでの長時間に渡り太陽に当てる事はお勧めしません。

うこん茶(スライスうこん)をご希望の方は、業務用の熱風乾燥器で加工された スライスうこん をお求め下さい。

生ウコン保存方法
沖縄では常温・日陰・土付きのまま放置します。(土付きは乾燥防止に優れています)
お届けする根茎は軽く洗浄されていますので、以下を参考にお試し下さい。

 気温10〜20℃の間は常温で保存下さい。
 乾燥が強いと干からびますし、湿度が高いとカビが生えますので、
 乾燥防止のため新聞紙に包み、冷蔵庫の野菜室で保管されても結構です。

冷凍保存について
長期保存には冷凍保存が最適ですが、冷凍庫を含め0℃近くなると根茎細胞が破壊され、解凍した際に実がドロドロに解けてしまい使い勝手に苦労します。
冷凍の前に1回毎の分量で小分けにし、利用分づつを解凍する様に心がけて下さい。


ウコン畑
画像 秋うこん畑


ウコン通販  沖縄県那覇市前島1-18-1  TEL : 098-863-3300 Email : ukon@nirai.ne.jp