ウコンの特徴


春うこんの花 秋うこんの花 紫うこんの花


●春うこん
 (キョウオウ) ショウガ科
肝炎、胆管炎、高脂血症、利尿、健胃、糖尿病、眼底出血、二日酔い、結膜炎、肝臓病
炎症を抑える作用があり、また浄血作用もありますので血液の循環にも良い。
胃の調子が良くない方にお勧めしますが、口当たりが苦い為 秋ウコンとブレンドし飲まれる方も多くいらっしゃいます。

●秋うこん (ウッチン) ショウガ科
肝臓病、カタル性黄疸、利尿、吐血、高血圧症、芳香健胃、胆石症
ウコンの中でもクルクミンを最も多く含有する秋ウコンは、お酒を飲まれる方や肝臓に不安をお持ちの方にお勧めします。 また身体を温める作用がありますので冷え症の方にもおすすめします。

●紫うこん (カジュツ) ショウガ科
健胃消炎、駆風作用あり、胃腸炎、消化不良、月経痛
紫ウコンはクルクミンは含有していませんが 胃腸機能の補助を目的に飲まれています。

 三種とも、ショウガ科クルクマ属の植物なのですが、成分が異なる事から使用目的も異なっています。


ウコンの主成分

 ○クルクミン
  肝機能補助、胆汁分泌促進、坑酸化作用、利尿作用。
 ○ターメロン
   胆汁分泌促進
 ○ミネオール
   健胃作用、殺菌作用
 ○αークルクメン・クルクモール
   抗がん作用が各研究機関で注目されています。
 ○βエレメン
  腫瘍、潰瘍に対しての効果が注目されています。





ウコン通販  沖縄県那覇市前島1-18-1  TEL : 098-863-3300 Email : ukon@nirai.ne.jp